比留間利蔵





  まずは、9月に入り更新が遅くなりました事お詫び申し上げます。各地域では台風や地震の影響で多くの被害や被害者が出ておりますが、国や地域の支援により、速やかに災害前の生活に戻る事できるよう心から望みます。今年は梅雨も早く上がり、猛暑が続く日々で体力が低下している所に自然災害が発生し、日本全体が夏バテをしていると思います。これも聞くところによると、東日本大震災の影響で原子炉が停止している事により、各地域にある火力発電所がフル稼働し、40度を超える猛暑もその影響だと言う方もいらっしゃいます。一概に要因を特定する事はできませんが、何かを無くす事によりほかに出る影響についても考えないとどこにしわ寄せがくるか分からないのが現状です。
  9月には自民党の総裁選挙も行われます。安倍総理が、自衛隊派遣を憲法に入れると言っておりますが、被災地の皆様は自衛隊の派遣に大変感謝していますし、災害地に派遣される自衛隊の方及びご家族の方の為にも是非、憲法に入れる必要があると思っています。
  第3回定例議会も始まっており、平成29年度の決算及び平成30の補正予算の審理がこれから行われます。第二回、三回議会において、学校の体育館や地域の体育館、府中市の施設について一般質問させていただきました。府中市も自然災害が起こったときの体制を整えなくてはいけないのですが、その中でも体育館の冷暖房設備が必要不可欠です。また、学校の授業でも気温40度以上にもなる体育館での授業は生命の危機さえ感じるため早急な手当が必要だと考えています。
  今後も続くであろう自然災害から市民を守るために提言をし続けたいと思います。引き続きのご指導とご協力をお願い申し上げます。
リンク