比留間利蔵





  約1年間の集まりで、実現できた「府中市の遺産の活用を考える会」の『武蔵府中郷土かるた大会』が、1月29日に無事に終了できました。子供達に府中市の歴史を少しでも覚えてもらえる手法として、昭和48年に作成された「武蔵府中郷土かるた」を使い大会を開催しました。現在、全小学三年生に配られているかるたを使い、学校選別で選ばれた選手のみで、本来大会を行うつもりでいましたが、全学校から選定されなかったので、当日参加枠を設け、多くの子供達にご参加をいただきました。この事業が何年も続き、府中市の子供達の記憶に残る事業になることを期待します。
  また、協賛を頂いた各団体や会社の皆さんには、大変感謝申し上げます。2月に入り、まだまだ新年会もありますし、協議会も開催されますので、体調管理をして3月の議会に臨みたいと思います。
  皆様方も体調管理をして万全にお過ごしください。
リンク