比留間利蔵
  9月の第3回定例議会も終わり、無事に提案の全ての議案が承諾されました。令和2年度の決算ではコロナ関連予算で8回も補正予算を組みました。始まった当初はワクチン接種で多くの皆様にご心配をおかけしましたが市政会の会派としても市長に緊急要望等もさせて頂き、集団接種会場もルシーニュやフォーリスという駅近くの場所を確保できたことはとってもよかったと思います。それにより来年度より開設予定でした子育て支援センターの開設が半年遅れることになりましたが、市内の感染防止の観点からすると良かったと思っています。コロナも若干落ち着きを見せていますが、今後秋から冬の感染拡大が心配されますので、ブースター接種の為のワクチンの確保が大切ですが、これについては国会議員に任せるしかありません。だからこそ私たちの生活を守れる信用できる人を選ぶ必要があります。
  府中を含む18選挙区では、すでに長島昭久氏の立候補を予定しています。府中に来て2年余りですが、多摩川の大丸堰の撤去や戦後日本に返還されずに約80年間米軍が利用していた府中基地跡地も本年8月に返還が決まり、国への返還手続きが進みました。これも市からの要望を国に繋げることが出来る都議会議員と衆議院議員が地元にいるからこそ出来たことだと思っています。
  市としては府中基地跡地の利用計画を検討していますが、返還が決まったことで市民に喜ばれるより良い施設の計画が出来ると確信しております。基地跡地の近隣の皆様には待ち遠しいことと思いますが、オリパラ関連事業で小金井街道東側の拡張に続き、ようやく進み始めた基地跡地の計画ですが、手続き等で10年後になると予想しています。一日でも早く進めるためにも、ご支援とご協力をお願いいたします。
リンク